三大キャリアから格安スマホに乗り換えるための手順

auやdocomo、SoftBankなどのキャリアから格安スマホに切り替えたいのであれば、事前に準備しておかなくてはならないことが2つあります。格安スマホに乗り換えるための手続きってかなり手間がかかりそうだと想像している人もいるのですが、どのようなことをしなくてはならないのかを知っておくことで、スムーズに手続きをすることが出来るようになるでしょう。

 

予約番号を発行する
auやdocomoなどから格安スマホにするのであれば、まずはモバイルナンバーポータビリティ(MNP)をしなくてはなりません。このモバイルナンバーポータビリティをするためには、まず予約番号を発行する必要があります。そのためにも、現在利用している携帯電話会社に予約番号を発行するように依頼をしなくてはなりません。そして、乗り換え先のMVNOにスマホを持ち込めばモバイルナンバーポータビリティを利用することが出来るようになります。

 

1.まずショップに行こう
予約番号を発行してもらうためには、契約先キャリアのショップに行く必要があります。この時に、現在使っている端末の支払い残高や解約金なども聞いておいたほうがいいでしょう。また、ショップに行ったときに申し込みをしておくことで、ネットワーク暗証番号の手続きをすることも可能です。

 

2.インターネットで申し込みをする
auと契約をしているのであれば、EZwebにアクセスをして予約番号を発行してもらえます。そして、docomoの場合は、My docomoにアクセスをすることで発行手続きをすることが可能になっています。なお、SoftBankの場合は、インターネット上では発行してもらうことが出来ません。

 

3.電話で申し込みをする
サポート電話番号に電話をして、モバイルナンバーポータビリティをしたいと伝えれば、予約番号を発行してもらうことが出来ます。auは0077-75470、docomoは151、SoftBankは157になっています。

 

その日のうちにモバイルナンバーポータビリティの予約番号を発行してもらうことが出来るのですが、期間が決まっており、期間を過ぎてしまうと、その予約番号の効力が失われてしまい、再び予約番号を発行してもらわなくてはなりません。ですので、予約番号を発行してもらったら、速やかに格安スマホに切り替えましょう。

 

保有しているポイントを使う
三大キャリアというのは、利用金額に比例してポイントが付与されています。ナンバーポータビリティをりようした場合、これまで貯めて来たポイントが失われてしまうことになりますから、格安スマホに乗り換えることにしたのであれば、ポイントを商品などと交換しておいたほうがいいでしょう。